インドツアーに行ったけど 前編




上海カウントダウンの続きです

インドでの日程は実質3日しかありません
前編では移動を含め二日分です

インドは色んな意味でヤバイです

この記事では
上海 ~ インドの首都デリー ~ アグラ
までです。

旅の始まりは前回の続き、上海の朝からです
ホテルからの景色を撮影していたら・・・



お、農作業してる人が居る!
無意味に激写・・・

なんか横にあるぞ?




まさかさ・・・・
ここで暮らしてるのかな・・・





ホテルはカードキー
それと朝食券です。



綺麗なホテルでした



朝食バイキング
こういう場所としてはかなり豪華だったかと







最後に外観を。
一泊しかない上海でしたが、非常に濃厚でした



あっという間に空港



なんなんだこのトゲトゲは・・・



カウンターでチェックインです



新年なのにメリクリ



さて、お土産っと



限定のポッキーって面白いよね!
インドにもあるといいんだけど



やっぱりパンダ多い



出国審査を終えて、免税店へ



凄く広い・・・
というか、長い
ひたすら一本道



ディズニーキャラ発見!
この時点では全員集合
帰りの写真で一人売れちゃってました





コンビニ寄ろうと思ったら激混み
ろくに写真も撮れず・・




ここではwifiが使えるらしいんだけど
どう頑張っても接続できなかったぞ????



出発の時間が迫ってきました



上海の空港は退屈です
さっさと行きましょ



この飛行機に乗るようです





座席の前。
やっぱり液晶はない




なぜか横のシートはストレッチャーが。



機内食・・なんだっけこれ?野菜だったかな?
見た目通りの味でした
けっこうヤバイ



機内食・・・魚?チキン?忘却しました
これまた旨くない
あまりにまずくて残してしまった・・ごめんなさい



パンだけが救い



入国でなんか書くらしい
本も何も持ってきてないし、
インドは全然勉強してないんだよねwww



機内食の。。おやつ



味が薄い、パサパサ






7時間のフライトでかなーり疲れました

本当の地獄はこれからだと知らずに・・・・



絨毯がオシャレ



自販機もキレイ



全体的に美しいですね



ひろーい



トイレの男女の表記が面白いw



なんだか未来的



ここが入国審査です
この手のモニュメントが有名で、みんな写真撮ってます
本当は撮影禁止っぽいんですがw




さて、インドでは入国にVISAが必要です。
今回自分たちは取得してませんでした

インド大使館に行く時間も無かったし
なんか一ヶ月くらいかかった事例もありましたし
とにかく取得は自分でやるのは超大変
代行業者を使うのが一般的みたいですよ・・・・




ってことで、このエスカレーターを下ったら案内。
なるほど、こっちにいけと。




既に数名の方が手続き中
日本人率95%って感じ



えー、カウンターに到着した時間 18:30です

大事です、覚えておいて下さい




15分後

いつまで経っても申込用紙さえくれません。
まずは書かして欲しい
だって書く場所多いんだよ????

あまりクレームつけて怒らせると強制帰国になってしまう・・・

何度かお願いしてると、あと15分待てって言う
紙だけ・・ちょうだい。。





そしてさらに15分後
インド時間で夜の7時です


なにやら係員がごそごそし出したぞ?
さっきまで何もしなかったのに!

やっと紙が貰える!!

ん??????

荷物を持って席を立って・・・・

帰ろうとしてる!!!!!


↓帰った・・誰も居ない・・・



とりあえず捕まえてさすがに文句言ったら


「俺はもう帰る。交代が来るから待ってろ」


「それは困る。まずは紙だけでもくれ」


「あ。。。言ってなかったが、
紙は三枚しかないんだ」


「え・・・・・・」


「コピーしてくるからまっててくれ!」


なんだよそれ・・・・


そして30分、無駄に何も出来ずただ待つだけだった我ら・・・
写真は全員に許可得てます。
この時間だけで全員と仲良く慣れたわ!



内側も写真撮っちゃうぞ。。。HAHA・・・



それから待つこと10分
交代の人がキター!!


「紙、コピーしてきた??」

「え、なにそれ?」

「さっきの人が3枚しかないって言ってたんだけど・・・」

「あ、本当だ。今からコピーしてくるよ」

マジかよ。。
おっさん伝言さえしてなかった!!



そしてさらに10分・・
やっと紙を得た日本人をご覧下さい



VISA代はドルで支払います。
インドルピーではありません。
ドル忘れました
両替しないとだめじゃん・・・

って困ってたら、上海で仲良くなったIさんが貸してくれた
あなたが神か!



VISAってどんなのかというと、
本当に手書きとスタンプだけのもの。
発行したかどうかなんて絶対に管理してるわけがない

そして僕は見逃さなかった
僕の払ったドルを畳んでポケットに仕舞うおっさんを


なにはともあれ、ようやく解放されました

ここまで一時間半もかかっています

日本人第一号の解放です




入国審査をサクっと終えて、急いで向かいます
お店は気になるけどね・・



さぁ急げ
他のツアーの人が待ってるぞ



一時間半またしちゃってごめんねっていったのに
すっごい怒ってる
インド人がもっと早くしてくれれば・・・



さぁて、インドのお金GETしないとな
海外キャッシュカードを自分は利用しているので
ATMからお金おろしましょー



前に1名利用中。
並んでいますが、なんかカードの調子がおかしいらしい
読み込まないみたいねぇ

そしてそのまま自分の番

カードが読み込めない・・・

なにこれ、天下のCityバンクのATMよ??
なんでカード認識しないの?
なにこれ、バカなの?

諦めてコーヒーでも・・

あ、金がねぇ!




仕方がないのでここで両替。
あまりお金使うつもりないんだけど
最低両替金額5000円かぁ
こんなに使うかねぇ?



そして最後の日本人が合流したのがそれから一時間後

ちょっとまて、カウンターにはあれしか人がいなかったよね?
紙は情報をみんなで共有したから同時に書き上がったよ??

聞いても不備は一切無く、ただ作業が遅かったみたい

領収書みたいのにサインしてハンコ押すだけだぜ?

どんだけダメダメなんだよ・・・・

外に出たらもう深夜
結局VISAで二時間半かかってしまいました・・




このバスで移動。
これから全日程をこのバスで移動します



インドって霧が凄い
そして凄く寒い。
暑いイメージだったのにね????
ダウンが手放せません




車に乗ったらウェルカムフラワー!
花の匂い苦手なので。。



なんだか外の風景みてもインドっぽくない
首都デリーはつまらない街です




紅茶のプレゼントがありました
いいお土産が出来た



バスが停まりました
ここが今日のホテルだ・・・と

過去色んな激安ホテル泊まってきましたが。。。
冗談だろ・・?



外もめっちゃ怖いぞこれ
飲食店どころか、何もない




うわぁ・・・これなのかぁ・・・
まじやばい・・・



カウンターでガイドがなにやら言い争い
何が起きてるんだ・・・?



なんと満室!!
ちょっとまて、ツアーだよな???

違うホテル紹介するからタクシーにのって!
って、荷物を勝手に持っていくな!

おい、ガイド!どこいった?

「ダイジョウブ、ダイジョウブ」
「もっといいホテルダヨ」


ちょ・・!おま!
信用できるのか????
ガイドおおお・・・








数分で着いた。。
たしかにキレイなんだ。うん

だけどね、ガイドはそのままバスに帰っちゃったんだ

日本人6名しかここにはいないよ?
チェックインできるの?




たしかにロビーもさっきより広いが・・



オーナーには電話で状況が伝わってるみたい
だけども、なんか話が食い違う。。
ガイドに電話をしてもらって、色々確認

1,集合時間
2,夕飯はちゃんと食えるのか
3,本当に部屋有るの?




「全部ダイジョウブ」





オーナーの話だと、部屋は今用意してるらしい。
掃除とかって言ってたけどさ、
普通掃除しておかないか???

その間に夕飯どうぞって、横のレストランへ
よかった、やっと飯だ・・・



うん、それなりにキレイだ
もう大分疲れてるし、インド人信用できない・・・



飲み物として水を購入
道中世話になるでしょう



すごーい、ギリギリまで入ってるーw



これがグラスらしい。



よくわからないぱりぱりしたもの。
味はコショウがめっちゃ強くてしょっぱい
正直うまくない



このソースを付けてみたけど
なんだかスースーする味
うまくない



この実はなんだろうと思ったら、オニオン!
タマネギの酢漬けみたいな味



ビールはキングフィッシャーです




やっときました「ナン」
これで安心か!



ナンは二種類あるみたい
日本でよく食べるのより小さいですね



次々と料理が運ばれてきます
こんなにスタッフ必要か!?
現地時間22時くらいなので、客は我々だけなんだけど・・・



遂に出ましたカレーです!
チキンカレー



チーズカレー?



豆のカレー・・だったっけか



ただ、給仕は独特のようで・・・



まずお米を盛られて



横にカレーを・・・
って、この人員必要か?



手厚い待遇だけどさ、そんな高級でもないよね?



とりあえず、食べますか・・



って思ったらいきなりの停電!!!!
アプリですぐにライトをつけたらインド人から歓声が
もういやだこの国・・・

電気は5分で点きました



カレーの味は全部普通に旨いです
豆のカレーは個人的に好きじゃないので・・・

ただ凄く疲れました


さぁ、部屋の準備が出来たそうなので部屋へ・・・


それなりにいいじゃん?
むっちゃ寒いんだけどさ、この掛け布団かい?



テレビ完備



洗面所も普通・・・





シャワールームは閉りませんが
固定式かぁ。。



トイレも特に文句がないね




これはクーラー
エアコンではありません




外の写真・・・キリで全然見えない




えーっと・・・・・・・・・・・・
シャンプーとかだよ^^
この凹みまでもが最初からw



ひげそりとクリームはネタになるな
お土産にしよう・・・



シャワーは水でした
お湯は出ません


そして冷え切った身体を薄っぺらい布団が待ってます
最悪です
寒くてガタガタ震えます・・・

ダウンジャケットを着て寝ることになるなんて・・・・




朝食ターイム





パンとジャムとバターです

ジャムが凄い
かき氷のイチゴシロップの味がする


パンも薄くてカリカリの部分しかありませんwwww



食後はコーヒー
普通で良かった



インド初のチャイ
チャイって生姜が入ってるんだね
あまり好みじゃないわ



ホテル外観
このレベルであの惨事
最初のホテルだったと思うとゾっとします



ちなみにホテルはカードキーでした
今後カードキーを使うレベルのホテルは出ません



ホテルのオーナー
写真撮らしてくれとお願いしたら快く
イケメンやわぁ



一緒に撮ろう!!!
って強く言うので、一緒に撮ったw

そして写真をくれというのでパソコンにつないで急いであげた
異文化コミュニケーションですな



お迎えのバスが来て、水をくれました
これは全部粉末の緑茶を混ぜてお茶にします




最初の観光地はガンジーのお墓らしいのですが
様子が変



なんと、よく分からないデモがあるので入れないとのこと
インドなんなんだよ・・・



門から写真だけ・・・



インドのカラスカッコイイ



何も出来ずに出発
ちょっとキリが酷すぎないか?



ようやくインドっぽい写真になってきました



信号待ちの新聞売り



バスの運転席を撮影
なんでハンドルにテープを??



さぁ、次の観光地
「フマユーン廟」です



木が燃えてるけど大丈夫か?



けっこう広いのです



上の写真の奥がこんなんなってたけど
絶対に通路造るために壁壊したよね???



何かの補修作業中



立派な門です







門を越えると見えてきました・・・
キリやべぇ



フマユーン廟といいますが
ガイドがずっと「フユマーン」と言ってます
ちょっとコイツが信用できなくなってきました



かの有名なタージマハルにも影響を与えた立派な・・・・
キリでダメだこりゃ

一言で言えば「王様のお墓」ですわ。
ピラミッドみたいなもん



正直明るければきれいだったのでしょうが
キリで全然見えないので感動もくそもありません

はぁ・・・


さっきの燃えてた木にインド人が・・
カメラ構えたらみんな止まる
やっぱりカメラ好きみたい




「ガンジーの墓の観光時間が余ったので
予定にはありませんが今からバザールに行きましょう!!」


というガイドの説明

めっちゃテンションが上がる!!

「バザールは何でも売ってますよ!」

インド人の生活がみれる!
変な屋台でご飯食べたい!!
これは楽しみ!!!





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




騙したな



なんだこの土産屋・・・
入り口にはバザールって書いてある
なんでも売ってる・・・か・・





Tシャツコーナー

物価くらい勉強してきた
シャツは1枚100円~200円 高いので300~400円



さてこれは・・・


薄っぺらい一枚では絶対に着れないペラペラシャツで
お値段なんと

1500円

ボッタクリですね。




このジュースも言えば無料でくれます
ボッタクリですから



バスに戻ると、日本人みんな買い物してる
隣の席の人が話しかけてきた

「ストールを2万で買ったんですよ。日本だと6万はするらしいですよ!」
「家族の分合わせて3枚買っちゃいましたよ~^^」


この薄いシルクでもない布が2万・・・かぁ・・・
何も言わないでおいた



ガイドは絶対に信用しないことにした



インド警官取締中
ターバンは健在



お次の観光地ですが
リスがいました!
可愛い!




水売ってるのはわかるんだけど
衛生的に大丈夫か?



さぁ、中へ




クトゥブ・ミナールという塔です
高さはなんと72m!
石を積んだだけでその高さ!
1200年に建てられたらしいのですが、当時の技術どうなってんねん
完成当初は100mくらいあったらしいですよ。



インドの女子大生グループ
カメラ向けたらみんな笑顔!

「you are beautiful」
って言ったら
全員で
「Thank You」



塔のズーム
この造形の細かさ、見えますか?
キリさえなければ・・



近くで見ると本当に凄い!
昔はこれに登れたそうです



とりあえず掴んでみた



ここらにあるものは全部石を積んだだけ・・
凄いなまじで



この柱も全部積んだだけという驚き







門があったのでズームで撮影
色が違うのは色んな石を使ってるからなんだって



これがその門です



うーん、ここは素晴らしい
やっと観光で感動できた



これは錆びない鉄だそうで、なんかめっちゃ有名らしい
なんと1500年以上の間錆びずにずっとあるそうです。
昔のインド人って本当に凄いんですね




この模様見て下さい
細かいだけでなく、色がキレイ
しかし、やはりインド人




裏側はどうでもいいようですwwwww
石の積み具合がよくわかって逆に興味深いですけどねw





随所に細かい造形



塔の真下に立つ



養女も記念撮影っと



インコがいました
インドはインコがめっちゃ多い





門の下で撮影中・・・
男が連なって・・・
ッアー!!



良い場所です



ここの空間は何に使ってたんだろう




こちらは未完成の塔です
さっきの塔より高く造ろうとしていたようですが
残念ながら建設を指示した王が死んでからは財政の都合もありそのまま頓挫
現在ではぼろぼろになってしまったようです・・・

完成したら150~200mほどになっていたそうですが



あ、さっきの水屋が開いてる
これ大丈夫か?





バスの車窓から。
お花売りの女性
写真は小さいけど、この人めっちゃ美人やねん
まじで花買いたかった。。。
バスツアーなのが残念




ガイド「お昼ご飯は中華料理です」




お前の言うことは信用が出来ないが
この程度は信用できるだろ?





な、信用できなかった

レストラン「バンコク」



まぁ店内はキレイだけどさ・・・





よくわからない薄い味のスープ



とりあえず中華風ってのは分かりました。



こんなのバーミヤンで食べたことあるよ!
普通にみんなうまい





お米はやっぱりタイ米だからパサパサなんだよね



このほうれん草?は醤油いれたら美味しかったよ
Iさん醤油貸してくれてありがとう





焼き蕎麦めっちゃうまい



このデザートはなんでしょう?
めっちゃ甘ったるくて食べれたものではありませんでした



インドなのにタイ風な中華でよくわかりませんが
とりあえず満足w

さぁ出発




インドっぽいねぇ
でもノラ牛がいねぇ



こういう折れたのもそのまんま!




隣にバスが走ってたので写真を撮ったのですが。。。



車内がめちゃめちゃ汚い・・・・



高速道路で次の街に行きます。
今日の観光はもう終りって事





ガイドが自慢しています
この高速道路は2ヶ月前に完成したばかりで、キレイなんです
横のフェンスを見てください
動物が入れないようにちゃんと高くしてあります




人は入ってもいいんだな?



ガタガタ路面状況の微妙な新しい高速道路w
を、数時間走るとパーキングエリアで休憩です


あ、ちなみにここに犬が侵入してました



外は超田舎



トイレ休憩とチャイをくれるってさ



売店は一個だけのようで。



コーン売ってるのか



ふむ、メニューもけっこうある



アイスクリーム・・・・
なんだこのコーンの色は!



これはなにか分からないので触れないでおこうw



ネパール料理の「モモ」っていう餃子のような小籠包のようなのが大好きです
これはそれっぽいので注文してみました



赤いソースにつけて食べるそうです



えっと、赤いのめっちゃ辛い
中身は野菜の肉無し餃子って感じ
うん、旨くともまずくとも・・・



お隣のヌードルはどうかな~???

べちゃべちゃ麺に薄いカレー味
ちょっと粉っぽい・・・






今夜のホテルに近づいたので
ガイドが色々説明をしてくれます。


夕飯の時間や諸注意など。



はて、明日の朝のバスのお迎え時間を教えてくれませんでした
ちょっと質問してみましょう



「なんで聞いてなかったの?さっき言ったデショ!!!」

・・・・・え?
同じホテルのメンバー全員でポカーン

「ワタシ何度も同じ事言うの嫌いなんです。
明日は7:45!○○さん(自分)ワカッタ!?」

いや、お前説明しなかったから聞いたんだろうが・・・
後で同じホテルメンバー全員に確認したけど、言ってなかったよ


さて、そんなこんなで、今夜のホテルに到着です
外観はなかなかよさげじゃないですか?

ホテル ガンガー ラタン Hotel Ganga Ratan

インド アグラ



ガスボンベを自転車で運ぶ。。。。
無知なのか度胸があるのか



ほほう、フロントもキレイですよ




んまぁオシャレな!




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ねぇ、なにこの鍵


ジョークじゃなくてガチなの?






お隣のキーは・・・・

おい、作りが違いすぎるぞ!!!







・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


さぁ、お待ちかねのお部屋ご紹介ですよ!!!




まずはトイレ!!!
うん・・・まぁ許容範囲!
トイレットペーパーが両方細いけどね!




洗面所も特には。





えーと、なんだこれ?
よくわっかんねぇwwww




謎の穴
元々何があったんだろうか





絶望のシャワールームへようこそ

下のバケツはなんなんだろう
もちろんお湯は出るわけがありません



ハンガーは多種多様w






・・・・・・・・・・・・・・・・・

ねぇ?

掛け布団は?





頭上のコレ
無駄にオシャレなのが・・・
って思って間違ってスイッチオン!!!



これまさかの扇風機だ!!!

上空からの強風は冬の風呂上がりに強烈でした





こういうのは普通なんだよね・・・





冷蔵庫
一人暮らしでもこのサイズは必要ないぞ?w



どんだけ長期滞在したら使うんだろうかw



まぁ、仕方がない・・・
貧乏な自分を呪おう





カギ閉めシーン
さっきの写真で分かったかも知れないけど

内側からも外側からもキーを使って閉めます


なので、鍵穴は貫通してて向こう側が見える仕様
カギを閉めるときはちょうどいい場所まで差し込んで回す・・・・
手前過ぎても奥過ぎてもダメという玄人向け





エレベーター
閉めるボタンがありません・・
なんか怖い



さぁ、まずは夕飯だ!



今夜はバイキング!
気軽に食べれて助かるね




謎のスープが運ばれてきましたが、美味しくないなぁ




こっちのカレーは普通に旨い!




デザートは得体が知れないので恐怖でしたが
中身がフルーツという人柱の報告により安心して食べましたw

写真見たら「フルーツクリーム」って書いてあるやん






食堂はこんな感じ。
部屋に荷物置いてまた下に降りたら、食堂のおっちゃんに捕まった

「飯食ったか?食ってけ」

いや、3分前にあんたに飲み物代支払っただろうが・・・



今夜は時間があるので散歩です
メンバーは同じホテルの日本人6名
群れれば羊も強くなる!




路上ではこのようにスナック菓子を売ってます
値段は聞かないと分からない
それは本当に定価なのか?
日本人価格かもしれない



なんだか怪しい店




入ってみた
黒人が店長でかなり怖い

写真撮ったら笑顔で「10ドル」って言われたよ

渋ってたらジョークって言ってたけど
本気だったのかな・・・

ここでポストカードを1枚5円で購入
安すぎるので最低2枚買ってくれって言われた



外はやっぱりキリってます



なんか色々お店が入ったビルを発見



営業中?



下にはお土産屋さんが



こういう看板多かったんだけど
これ何なんだろう



奥に行けば花屋があるだけ
人気もないので引き返します





夜がちょっと遅いせいか、開いてる店が少ないねん



結局戻ってきてしまった




お土産屋の兄ちゃんがめっちゃフレンドリー
「ここは政府公認だからめっちゃ安いよ!マジで!」

インド人本当に信用して良いのか?

ここでタージマハルの置物を500円で2個購入。
ちなみにガイドが連れて行ってくれた?ボッタクリ店で
全く同じ物が2500円でした

さらにみんな色々購入。



上の階で散髪!
海外で散髪とか不思議な感じです

Iさんは海外に行くと必ず切っているそうで



良い感じに仕上がりました
が、お値段は1500円
価格表があるので詐欺ではないと思う。
設備も普通だったので高級店なんだろうな



サッパリして帰ります



その前に、インド限定のチップスを買わねば



マジックマサラ味
これがインド限定の味です
一個40円。
味はかなり辛い。旨い

道路脇なのでめっちゃ汚れてます。
砂埃やら排気ガスで真っ黒。物によっては衛生的にやばそう



パソコンやら携帯充電やらwifi充電やらデジカメ充電でこんなタコ足



めっちゃ寒いと思っていたら
Iさんがヒーターを手配してくれました

ボーイにチップを渡したいが・・・
ごめん、チップが10円しかないんだ・・・
重いのに持ってきてくれてありがとう!




これで暖かくして寝れる・・・・
と、暖房MAXで寝たのですが



朝になるとそこら中にゴキブリがががががが

一体どこから来たのよ!!!!
その数10匹じゃ済まない!

取り乱しながらなんとか駆除したが
どこの隙間に残党が残ってるかわかったもんじゃない・・・・

床がゴキブリだらけっていうのはトラウマです・・・


中編に続きます・・・


コメントの投稿

非公開コメント

このブログについて
このブログについて



更新終了致しました
コメントはありがたく読ませて頂いております。
ありがとうございました




現在の閲覧者数


お得情報とか
最新記事
カテゴリ
ブログ内検索
ランキングとか
過去2日集計
ランキング上位サイト様は色々頑張っちゃいます

レコメンデーションエンジン
楽天ウィジェット